完全栄養食のお話。

皆様こんばんわ。

コラム担当 安心院です。


◆ 最近卵を食べてますか?

毎日の食卓に欠かすことができない食材といえば、やはり卵ですよね。卵の黄身と白身には我々人間が生きていく上で欠かすことができない栄養素がたっぷり詰まっています


◆卵は完全栄養食品! アミノ酸、ビタミン、ミネラルの宝庫

卵は、食物繊維・ビタミンC以外の栄養素をすべて含んでいるため「完全栄養食品」とも言われています。なかでも、アミノ酸、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれているのが特徴です。

卵が良質のたんぱく質源として注目されているのは、人間の体内で合成できない8つの必須アミノ酸をバランスよく含んでいることに由来します。アミノ酸のバランスを示す「アミノ酸スコア」は最高点の100点です。

 


 

■ 卵は優れた機能性食品! 老化防止・脳の活性化などにも

卵は栄養価が高いだけではなく、健康にとってよい効能がたくさんあることでも注目されています。

まず、卵白に含まれる「リゾチーム」という酵素は殺菌作用があり、風邪薬にも使用されている成分です。また、「メチオニン」という必須アミノ酸は、活性酸素を抑えて老化を防止したり、デトックス作用などの効果があることで知られています。

『 アルツハイマーや生活習慣病の予防にも効く! 』

卵の成分で注目したいのが、人間の細胞膜の主成分でもある「レシチン」というリン脂質の中に含まれる物質「コリン」です。

コリンには、脳の活性化、中性脂肪やコレステロール量の調節、血圧低下、新陳代謝促進などさまざまな効能があり、アルツハイマーや生活習慣病の予防などの効果が期待できます。


 

この様に、卵には健康になる上で欠かせない栄養素がたっぷりです。

是非日々の食生活に取り入れてみませんか?